日展作家が教えるアート教室「書」5月13日

5/13THU

隷書と楷書の違い

古代文字「隷書(れいしょ)」を楽しむ

BIOTOPIA「日展作家が教えるアート教室」の石坂雅彦先生による全6回の「書」のコースです。
「隷書」は、古代中国で誕生した2番目に古い書体で、日本の紙幣にも使われています。隷書体の面白い特徴や種類・書き方に触れてみませんか。

今回は「隷書と楷書の違い」水平と右肩上がり・威厳性と理知性を学びます。

開催スケジュール中はどの回からでも途中参加可能。書道道具をお持ちでない方は基本のセットをお貸出しいたします。

※対象年齢13歳以上のコースです。

【開催スケジュールと内容】木曜日開催
1)2021年4月15日「隷書の基本筆法と字形」
2)2021年4月29日「隷書独特の筆法」
3)2021年5月13日「隷書と楷書の違い」
4)2021年5月27日「乙瑛碑(いつえいひ)・曹全碑(そうぜんひ)を習う」
5)2021年6月10日 好きな2文字を隷書で書く

【当日のスケジュール】
10:00~10:15 受付
10:15~12:15 コース受講(約2時間)

【料金】
1回 2,500円(初回体験 2,000円)

※「日展作家が教えるアート教室」会員として初回体験後、入会される方は別途入会金3,000円が必要になります。

開催日

5/13(木)

                       

10:15 - 12:15

                       

参加料

初回体験特別料金 2,000円【通常料金1回 2,500円】継続受講には入会金3,000円が必要になります。

申し込み締切
5月12日[水]

16:00

定員
20名(最小催行人数 3名)
備考
【集合・開催場所】
  • BIOTOPIAオフィス 総合受付前に集合
【持ち物】
  • 書道道具(体験レッスン用に道具をご用意できますので、必要な方はご相談ください。)
  • 筆記用具
【服装】
  • 汚れてもよい服装
  • マスクの着用をお願い致します。
【ご案内】
  • 教室開始10分前にはお越しください。
  • 遅れる場合には必ずご連絡ください。
  • 健康状態には十分にご注意いただき、体調がすぐれないときは参加をお控えください。
【注意事項】
  • 新型コロナウイルス感染防止対策として、ご利用の皆さまにマスクの着用や消毒などのご協力をお願いしています。
  • 今後の状況によって、延期または中止になる場合があります。
  • お申込み後、お客様都合による変更・キャンセル(払い戻し)はお受けできません。
  • 欠席された場合の受講料の返金はございません。
  • 荒天、天災など、やむを得ない理由で中止となる場合は担当者よりご連絡いたします。
  • 不可抗力により中止となった場合は、返金はいたしません。あらかじめご了承ください。
  • チケットの転売、営利を目的としたお申し込みは固くお断りいたします。
  • event@biotopia.jpからのメールが受信できるよう、設定をお願いいたします。
  • 申し込み後2営業日以内に返信メールが届かない場合は、お電話にてお問合せください。(0465-85-1113 平日9:00~16:00)
ご予約
WEB決済は株式会社ブルックスが代行いたします。
WEBで注文する

お電話で予約 :
0465-85-1113(9:00 - 16:00 平日のみ)


このプログラムの講師

石坂 雅彦(いしざかまさひこ)
横浜国立大学教育学部美術科卒。専攻は書道。
実践女子大・フェリス女子大・調布女子大・横浜国立大・日大文理学部・日大芸術学部講師を歴任。

書壇では、西川寧(文化勲章受章)に師事。
現在、日展準会員、読売書法会常任理事、謙慎書道会常任理事、湘南書法研究所代表。Virginia州Charlottes villeに現代書作品として襖と掛軸の作品がある。