日展作家が教えるアート教室「書」第1回 7月14日(木)

7/14THU

第1回
「篆書の基本的書き方」

古代文字 篆書(てんしょ)にふれる

BIOTOPIA「日展作家が教えるアート教室」の石坂雅彦先生による全6回の「書」のコースです。
漢字の原型となった象形文字は、秦の始皇帝の時代になると整理され、ひとつの形に統一されていきました。この時代に形作られた文字は「小篆(しょうてん)」と呼ばれ、それ以前に使われていた「甲骨文字」や「金文」などの文字などと合わせて「篆書(てんしょ)」と呼ばれます。篆書(てんしょ)はもっとも古い文字なので、神聖な書体とされていて、現在でも印鑑に彫られる文字には「篆書(てんしょ)」が使われていたりします。

「篆書(てんしょ)」」を通して文字の魅力に気付き、書の世界を楽しめる全6回の講座ですが、次回の連続講座シリーズ(2022年10月スタート予定)では「篆書(てんしょ)」を使って印章を掘る「篆刻(てんこく)」を予定しています。年末には完結する講座構成ですので、今年の年賀状は毛筆で「篆書(てんしょ)」で書いて、ご自身の篆刻(てんこく)を押してみませんか?

開催スケジュール中はどの回からでも途中参加可能です。書道道具をお持ちでない方は基本のセットをお貸出しいたします。

 


第1回目の今回のテーマは「篆書の基本的な書き方」です。


【全開催スケジュールと内容】木曜日開催
1)2022年 7月14日(木)「篆書の基本的書き方」
2)2022年 7月28日(木)「篆書というもの」
3)2022年 8月11日(木)「甲骨文字・金文」
4)2022年 8月25日(木)「完成された小篆」
5)2022年 9月 8日(木)「篆書作品(構想)」
6)2022年 9月22日(木)「篆書作品(完成)」

【当日のスケジュール】
10:00~10:15 受付
10:15~12:15 コース受講(約2時間)

※対象年齢13歳以上のコースです。

※写真はすべてイメージです。

開催日

7/14(木)

                       

10:15 - 12:15

                       

参加料

通常料金1回 2,500円
全6回一括払い 12,000円
【初回体験特別料金 2,000円】
(すべて税込)

申し込み締切
7月13日[水]

16:00

定員
15名(最小催行人数 2名)
備考
【集合・開催場所】
  • BIOTOPIAオフィス 総合受付前に集合
【持ち物】
  • 書道道具(体験レッスン用に道具をご用意できますので、必要な方はご相談ください。)
  • 筆記用具
【服装】
  • 汚れてもよい服装
  • マスクの着用をお願い致します。
【ご案内】
  • 教室開始10分前にはお越しください。
  • 遅れる場合には必ずご連絡ください。
  • 健康状態には十分にご注意いただき、体調がすぐれないときは参加をお控えください。
【注意事項】
  • 新型コロナウイルス感染防止対策として、ご利用の皆さまにマスクの着用や消毒などのご協力をお願いしています。WEB予約の場合はご予約完了メールにて詳細をご確認ください。
  • 今後の状況によって、延期または中止になる場合があります。
  • お申し込み後、お客様都合による変更・キャンセル(払い戻し)はお受けできません。
  • お支払い方法は、クレジット決済、当日現金支払いからお選び頂けます。
  • お客様都合によるキャンセルの場合、当日現金支払いをご選択の方は、別途参加料をお振込みいただきます。クレジット決済の方の払い戻しはございません。
  • WEB決済は株式会社ブルックスが代行いたします。
  • 欠席された場合の参加料の返金はございません。
  • 荒天、天災など、やむを得ない理由で中止となる場合は担当者よりご連絡いたします。
  • 不可抗力により中止となった場合は、返金はいたしません。あらかじめご了承ください。
  • チケットの転売、営利を目的としたお申し込みは固くお断りいたします。
  • event@biotopia.jpからのメールが受信できるよう、設定をお願いいたします。
  • 申し込み後2営業日以内に返信メールが届かない場合は、お電話にてお問合せください。(0465-85-1113 平日9:00~16:00)
ご予約
WEB決済は株式会社ブルックスが代行いたします。
WEBで注文する

お電話で予約 : 0465-85-1113
(9:00 - 16:00 平日のみ)


このプログラムの講師

石坂 雅彦(いしざかまさひこ)
横浜国立大学教育学部美術科卒。専攻は書道。
実践女子大・フェリス女子大・調布女子大・横浜国立大・日大文理学部・日大芸術学部講師を歴任。

書壇では、西川寧(文化勲章受章)に師事。
現在、日展会員、読売書法会常任理事、謙慎書道会常任理事、湘南書法研究所代表。Virginia州Charlottes villeに現代書作品として襖と掛軸の作品がある。